焼き菓子と小さなカフェtutui

  • tutuiについて
  • 店舗地図
  • お知らせとブログ
  • お問い合わせ
  • tutuiオンラインショップ

美味しいコーヒーの話③

160602001-jpg

美味しいコーヒーの話③

あっという間に最終回になってしまいました。今回は、ドリップの話をしたいと思います。

前回の終わりに、「コーヒーを抽出すること」=「コーヒーを味わうこと」と言いました。なので、せっかく味わうんですからゆっくり贅沢に楽しんでください。抽出の方法は沢山ありますが、今回はペーパードリップを。
急須やプレス(紅茶を淹れる時、上からギューってやるあのポットみたいのとか)など、お湯にコーヒー粉を浸すタイプのものは豆全体の味をストレートに出すのに適してます。比べてドリップは要は濾過する方法で、雑味を取り除いたり、ゆっくり落としてコーヒーの成分を濃く加減するのに適してます。
この特徴を知れば、ドリップはなからマスターしたも同然です(笑)あとは実践あるのみ!

1. 沸騰したお湯を、サーバーやカップを温めると同時に少し冷まして使います。
2. はじめはコーヒー粉にじっくりお湯を吸わせてあげるためにお湯を細く注ぎます。ポタポタと雫が落ちるくらいにして、粉が膨らむのを眺めます。
3. 膨らみが落ち着いたら、ニ湯目を優しく注ぎます。うまくいっていると、このときなんとも甘ーい香りがたってきます(特に深煎りの豆)。
4. そして、何回かにわけて湯を注ぎ足します。好みの濃さに淹れたら、ドリッパーからお湯が全て落ち切る前にサーバーから外します。

詳しい話はコーヒーラボの時間にゆずるとして、僕のドリップの捉え方を簡単に言うと、コーヒーを落とすときは、濃縮還元のジュースみたいに濃いぃエキスを作ってから好みの濃さに薄めるイメージでドリップしています。そうすると、さらっと落としたときより味の層が厚く、お湯で薄めてもしっかり味のあるコーヒーになってくれます。濃いエキスをそのままで薄めず、ちびちび啜るのもお勧めです。

今までお話ししたことは、ある程度時間がなければ楽しめないコーヒーとの付き合い方です。ですけども、好きなときにそういう時間を持てる豊かさもある。しかも、値段だけとってもコスパもコンビニコーヒー1杯とほとんど変わりません。まずは一度、コーヒーを淹れてみてください。ここで書いた言葉以上のものが、その時間にはあると保証します。ぜひ、自分好みのコーヒーを見つけてください。ありがとうございます。